ボーダーランズ3特集
borderlands3

MOVE

  1. GameManiax
  2. ボーダーランズ3特集
  3. 【ボーダーランズ3特集】最速プレイ! シリーズ最新作ならではの新要素とプレイフィールをチェック!

MAIN CONTENT

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

【ボーダーランズ3特集】最速プレイ! シリーズ最新作ならではの新要素とプレイフィールをチェック!

『ボーダーランズ3』は累計約5000万本を売り上げた大ヒットシリーズの最新作。FPSの要領で戦闘を行い、RPG要素のスキルビルドによる育成要素とハック&スラッシュ要素を併せ持ったシューティングRPGだ。パンドラという荒廃した惑星を舞台に、バンディッドと呼ばれる無法者やクリーチャーが闊歩し、ロボット等のテクノロジーも発達している独特の世界観も魅力となっている。今回は、2Kより早期アクセス版『ボーダーランズ3』の提供を受け、実際にプレイしてわかった、本作ならではの魅力について紹介する。

カスタム性の上がったスキルビルド

本作では、それぞれ異なるクラスの4人のヴォルト・ハンター(プレイヤーキャラクター)を選択することができる。

シリーズではこれまでもクラスごとに異なるアクションスキルを使用することができ、それがそのキャラクターの最大の特色となっていたのだが、今作ではアクションスキル自体のカスタマイズが可能となった。

例えば「ガンナー」クラスのモズのアクションスキルは、一定時間人型ロボット「アイアン・ベア」に搭乗するというものだが、発動中の「アイアン・ベア」の武装を「レイルガン」「ミニガン」「グレネード」から2つを自由に装備できるというものになっている。

「ビーストマスター」のFL4Kは常時追従させる「ペット」自体の選択も可能となっているし、「オペレーティブ」のゼインはアクションスキル自体を3種類から最大2つまでセットすることが可能だ。

また「アクションスキルを強化するパッシブ・アビリティ」とは別に、アクションスキルの特性を変える着脱式のスキルも習得でき、より自身のプレイの好みに合わせたカスタマイズができるようになった。

▲アクションスキルやその特性を変化させるスキルをセットするスロットが登場

 

パンドラ以外の惑星へ! さらに広がった世界観

本作では、初代『ボーダーランズ』から舞台となっていた「惑星パンドラ」以外の惑星へ足を踏み入れることになる。

最初に訪れることになる「惑星プロメティア」は、巨大企業・アトラス社の影響下にある惑星で、パンドラと違い高層ビルやインフラがしっかりと存在しており、これまでにない風景を目にすることができる。

その惑星間を移動するための宇宙船「サンクチュアリⅢ」がヴォルト・ハンターたちの拠点となっていて、ここにシリーズお馴染みの顔ぶれが集まっているのもファンには嬉しいポイントだ。

世界観が広がっているのと同時に、過去作ではヴォルト・ハンターはシナリオ上にセリフがなく、アクションの際の掛け声等でしか喋らなかったが、本作ではプレイヤーキャラが掛け合いに参加するといった変化もあり、シナリオにも重点を置いた作りになっているのが伺える。

▲SFっぽさの強い「プロメティア」。市街地や屋内での戦闘が起こりやすい

 

▲エリジウムを要求してくる謎の店主も同乗

 

▲本作ではプレイヤーキャラがよく喋る

 

細かな改良でよりサクサク進めるように

基本的な操作感は前作を踏襲している本作だが、細かな面で遊びやすく改良が施されている。一番印象的だったのが、マップ上のどこからでもファスト・トラベルが可能になった点だ。

これによってミッションのボスを倒した後に依頼者まで報告しに行ったり、道を間違えて一旦引き返そう……といったときにもサクっと移動することができる。

他にもダッシュ中のスライディングや、ジャンプボタン長押しによる「よじ登り」といった新アクションによって移動のストレスが無くなっていたり、Catch-A-Rideの端末前からワンボタンでビークルに乗れたり、自動販売機の前でもワンボタンで弾薬を満タンまで購入できたりと、かゆい所に手が届くストレスフリーな改良点が多い。

またCatch-A-Rideの機能も大幅に拡充していて、敵のビーグルをハイジャックして車体につける武装などを集めて装着することができたり、車体自体も様々なタイプが用意されている。

▲待望のどこでもファスト・トラベルが実装。長距離の移動も快適に

 

▲ショップ画面を開かずボタンひとつで弾薬の補充が可能

 

▲狭い場所の多いプロメティアでは小回りの効くタイヤ型ビーグルを!

 

シリーズのプレイ感を損なうことなく、様々な面がパワーアップした『ボーダーランズ3』。これまでのシリーズのファンも、安心してプレイしてほしい!


© 2019 IPerion, LLC. Published and distributed by 2K. Gearbox and Borderlands, and the Gearbox Software and Borderlands logos, are registered trademarks, all used courtesy of Gearbox Software,LLC. 2K and the 2K logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

最新記事


TOP