ボーダーランズ3特集
borderlands3

MOVE

  1. GameManiax
  2. ボーダーランズ3特集
  3. 【ボーダーランズ3特集】月面世界ならではのアクション&ギミックでよりフリーダムに! 『ボーダーランズ プリーシークエル』紹介

MAIN CONTENT

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

【ボーダーランズ3特集】月面世界ならではのアクション&ギミックでよりフリーダムに! 『ボーダーランズ プリーシークエル』紹介

『ボーダーランズ プリーシークエル』は2014年にPlayStation 3、Xbox 360、Steamでリリース。本作はこれまでの2作の舞台だった惑星パンドラを飛び出し、(パンドラの)月面世界へ進出。世界観の規模が拡大したとともに、月が舞台ならではのアクション&ギミックが追加。ストーリーとゲームシステムの両面から、シリーズの幅を広げた。

■『ボーダーランズ ダブルデラックスコレクション』(『ボーダーランズ2』と『ボーダーランズ プリーシークエル』のセット商品)各ストアのリンク

PS4版Xbox One版Steam版

重力の制約から解き離れたアクション

『ボーダーランズ プリーシークエル』最大の特徴といえるのは、ストーリーの進行、敵との戦闘ともに、その大部分がパンドラの衛星である月で行なわれることだ。

パンドラ版の月も地球の月と同様に重力の影響が薄いため、本作でのジャンプは前2作と比較にならないほど高くまで跳べる。しかし街や一部の建物の内部をのぞいて酸素が存在しないため、プレイヤーキャラクターはO2キットを装着し、道中に存在するO2が噴き出ているポイントで補給しつつの移動が必要になっている。

このO2キットは本作ならではのアクションの際に利用する装置にもなっている。まずジャンプ中に再度ジャンプボタンを押すことで、ジャンプの高さや飛距離を伸ばすことが可能。パンドラであれば絶対に飛び越えられないような高さ、距離の場所でも、ジャンプ+追加入力でたどり着くことができ、得てしてそういった場所にはレアな武器が隠されている……といったパターンが少なくない。

また、ジャンプの高さは攻撃にも利用可能。ジャンプ中に一定上の高さに達した際、PS版なら〇ボタンを押すと、キャラクターが急降下。着地すると周囲全体を攻撃する“スラム”攻撃が発生。銃なしで複数の敵を攻撃できる手段が増加しており、戦闘、とくに接近戦のプレイ感覚は、前2作目とは雰囲気が大きく変わっている。

▲長いジャンプやスラム攻撃といったアクションは便利だが、敵も積極的に使用してくる。そのため本作の戦闘は若干リスクが高め

 

▲酸素がない環境下で戦うケースが多いため、本作では人間タイプの敵にヘッドショットを決めてヘルメットを撃ち抜くと、追加ダメージを与えられる

 

▲月が舞台ということで(?)、パンドラでは見かけないようなクリーチャーや乗り物も出現する

 

異色のヴォルト・ハンターの活躍がシリーズに深みを与える

『ボーダーランズ2』で1作目から大幅に強化された、ストーリーや設定まわりの魅力をより深掘りする試みがなされているのも注目のポイント。

本作の時間軸は『ボーダーランズ2』の前日譚という位置づけで、プレイヤーは『2』で巨悪として描かれる、ハンサム・ジャック側(ハイペリオン社)に雇われたヴォルト・ハンターとしてゲーム内で行動。

操作可能なヴォルト・ハンターの中には、シリーズの顔役として登場してきたクラップ・トラップ、“ハンサム”になる前、下っ端時代のジャックの影武者など、シリーズのファンなら興味をそそられるキャラクターがふくまれており、他にも過去作のキャラクターが複数登場。彼らのやりとりや本作で展開されるストーリー、道中で拾えるエコーログ(音声データ)などをつなぎあわせると、『1』から『2』に至るまでに『ボーダーランズ』の世界では何が起こり、その結果パンドラが様変わりしたのかが推測できるようになっている。

 

▲本作はジャックの手先として働いていたヴォルト・ハンター=プレイヤーが、1作目のキャラクターたちが組織したレジスタンスに捕まり、月での活動を回顧する……といった形でストーリーが進行。そのため過去作のキャラクターが序盤から多く登場し、その関係性もわかりやすく描かれる

 

▲プレイヤーの雇用主として登場する、“ハンサム”になる前のジャック。主だったダウンロードコンテンツが収録されている、『ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション』であれば、ジャック(の影武者)を操作してゲームを進行させることも可能だ

 

▲過去2作で人気を集めたクラップ・トラップがプレイアブルキャラクターに昇格しているのも、ファンにとっては見どころだろう。スキルのクセが強く安定した戦いは望めないが、呼吸のためのO2が必要ないという、本作においては圧倒的なアドバンテージとなる特徴も持つ

 

▲街で利用可能な施設やBadassトークンを利用した強化といったシステム面は、『ボーダーランズ2』をほぼ踏襲

 

爆発的なヒットを記録した『ボーダーランズ2』をベースに、ストーリーや世界観の魅力を強化しつつ、無重力下での銃撃戦というオンリーワンの楽しみもプラスした『ボーダーランズ プリーシークエル』。『ボーダーランズ3』のための予習に……とオススメするのにはクセがあって不向きな気はするものの、プレイしておけば『ボーダーランズ』シリーズを点ではなく線でとらえることができ、世界観やストーリー、キャラクターの面からも『3』が楽しみやすくなるはずだ。


© 2015 IPerion, LLC. Published and distributed by 2K. Gearbox and Borderlands, and the Gearbox Software and Borderlands logos, are registered trademarks, The Pre-Sequel is a trademark, all used courtesy of Gearbox Software, LLC. 2K, 2K Australia, and their respective logos are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. Unreal® is a registered trademark of Epic Games, Inc. Unreal ® Engine, copyright 1998 – 2014, Epic Games, Inc. All rights reserved. Uses Bink Video. Copyright © 1997-2014 by RAD Game Tools, Inc. This software product includes Autodesk® Scaleform® software, © 2014 Autodesk, Inc. All rights reserved. Autodesk Scaleform is a registered trademark of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. Powered by Wwise © 2006 – 2014 Audiokinetic Inc. All other marks are property of their respective owners. All Rights Reserved. 本ビデオゲームの内容はフィクションです。メーカーおよびパブリッシャーが、このゲームで描写された行為を支持、許容、奨励するものでは一切ありません。

最新記事


TOP