ボーダーランズ3特集
borderlands3

MOVE

  1. GameManiax
  2. ボーダーランズ3特集
  3. 『ボーダーランズ3』プレイインプレッション。遊びやすさもボリュームもパワーアップして楽しすぎた!

MAIN CONTENT

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

『ボーダーランズ3』プレイインプレッション。遊びやすさもボリュームもパワーアップして楽しすぎた!

主観視点ならではのスリリングな銃撃戦(FPS)に、広大なフィールド探索やレベルアップ要素、強敵を狩ってのドロップアイテム収集といったRPG的な要素を融合。独特な世界観やキャラクターの魅力もあいまって、世界中で多くのファンを獲得した『ボーダーランズ』シリーズ。

その最新作である『ボーダーランズ3』が、2019年9月13日にPlaystation4/Xbox one/PC等で発売される。本記事では8月上旬に行なわれたメディア向け体験会で触れることのできたプロローグ部分と、ある程度レベルが上がった状態のキャラクターを使ったマルチプレイのインプレッションをお届けする。

▲8月上旬に東京某所で行なわれたメディア体験会には、『ボーダーランズ3』の開発スタッフも来日。両氏へのインタビューは別の記事でお送りする

世界中のファンに愛されたシリーズがボリュームアップ!『ボーダーランズ3』開発者インタビュー | ゲーム★マニアックス

ペットが強い! “ビーストマスター”FL4K(フラック)の実力と、アクションの追加で快適さが増した操作感

 今回のメディア体験会で最初にプレイしたのは、過去作のヴォルト・ハンター(プレイアブルキャラクター)とは毛色の違ったスキルを備えたキャラ、FL4K(以下フラック)だ。ゲーム開始まもないプロローグパートでの戦闘から遊ぶことができた。

シリーズのファンにはおなじみ、案内役のロボット、”クラップトラップ”のナビゲートに従って移動していくと、多数のバンディット(『ボーダーランズ』シリーズを象徴する、最もポピュラーな人間タイプのエネミー。支離滅裂な言動と挙動不審さにファン(?)も多い)が待ち構えるアジトへ到着。さっそく戦闘が勃発した。

▲シリーズのお約束ともいえる、クラップトラップによる基本操作のチュートリアルと目的地へのナビゲート。ちなみに体感会で遊べたバージョンは日本語ローカライズが完了しており、クラップトラップ(CV:高木渉さん)のトラッシュ&マシンガントークは、本作でも健在であることが確認できた

(ミリタリー系のFPSと比べると)比較的アバウトな狙いでも命中する射撃、距離制限のないダッシュや、前進とほとんど変わらないスピードで後退できるキャラクターの操作性などは、これまでの『ボーダーランズ』シリーズとまったく変わらない手触り。

本作ではそこにジャンプ後のよじ登りや、ダッシュ中のスライディングといったアクションが追加されており、より軽快に動けるようになっている。

とくにジャンプ後のよじ登りは、自分と移動先の距離感を見誤ってジャンプを失敗してしまったときのリカバリー手段として地味ながら効果的で、段差のあるフィールドを移動する際のストレスを大幅に軽減してくれていた。

さらに多くの武器に2種類の弾丸(攻撃方法)がそなわっているのも、『ボーダーランズ3』の特徴だろう。プロローグで手に入るような初期武器のハンドガンでも攻撃方法を切り替えることができ、スタンダードな弾丸を使った射撃(ヘッドショットが狙いやすい)と、着弾すると爆発する弾丸で広範囲を攻撃する……といった使いわけができた。

▲ゲームを開始した直後から、さまざまな効果を持つ武器を使いわけつつの派手な銃撃戦が楽しめた

そして今回は操作するキャラクターがフラックということで、彼のスキルであるペットを使った攻撃も同時に使用できた。

プロローグで習得できたのは、3体のペットのうち1体をフィールドに呼び出して戦闘に参加させる基本スキル3種(スパイダーアント・センチュリオン、ガード・スキャッグ、ジャバー・サイドキック)と、鳥のようなペット(ラック)を前方に放って攻撃する”ラック・アタック!”。基本スキルで呼び出せるペットは、いずれも地上を動き回るタイプで、プレイヤーが指示、もしくは敵を視界に収めると攻撃を開始。体力が尽きるまでプレイヤーに追随し、万が一倒されてしまっても一定時間で復活してくれる。戦闘力もなかなか高いようで、プロローグで出現するような敵であれば、ペットをけしかけるだけでも始末することが可能だった。

ラック・アタック!は、基本スキルと同じくペットを使った攻撃手段ではあるが、スキルを発動した際にのみ姿を現すタイプ。ともに戦う相棒というよりは、射程が長く誘導性能の高い射撃武器という使い勝手。スナイパーライフルでの狙撃が必要になるような位置からとくに狙いをつけずに発動しても敵にヒットしたので、遠距離戦が苦手な人、スナイパーライフルの弾薬を節約したい際などに重宝しそうだ。

▲見た目は敵として出現するモンスターと区別がつきづらいフラックのペット。召喚すると自動で敵を攻撃してくれるほか、ペットの種類によってフラックの体力や攻撃力といったステータスを底上げしてくれる
▲“ペットまかせ”で楽に戦える場面が多そうなフラック。ペットの索敵能力が高く、そして好戦的がゆえに、敵との戦闘を避けたい状況ではペットを一時的にひっこめる(スキル装備から外す)、姿を隠せるスキル(フェイド・アウト)を活用するといった工夫が必要になりそうだ

ユニークな武器をぶっ放せたストーリー中盤でのマルチプレイ

この日の体験会では、ゲームのプロローグにあたる部分だけでなく、ある程度キャラクターが成長した状態(レベル20)で、ストーリーの中盤辺りで訪れることになるという惑星”エデン-6”でのミッションもプレイすることができた。

こちらは『ボーダーランズ3』のヴォルト・ハンター4名の中から好きなキャラクターを選べる形式だった。ふたりでのマルチプレイも可能ということで、筆者が選択したのはガンナーのモズ。基本スキルで巨大ロボット”アイアン・ベア”に搭乗でき、ミニガン、グレネードランチャー、レイルガンといった武器で攻撃できるのが特徴。耐久力の高いアイアン・ベアに乗って戦うことができるうえに、自身のシールドを強化するスキルも複数持っているため、前線に立って戦線を維持するタンク役に向いたキャラクターだ。

▲エデン-6のミッションではマルチプレイが可能だったため、筆者はモズ、体験会に同行した編集はアマーラを選択。編集いわく「アマーラはアストラル体で作り出した巨大な腕を使ったスキルが特徴的。とくに触れた相手を一定時間拘束する”フェーズグラスプ”が強力で、何度も敵を捕まえたくなった!」とのこと
▲スキルで愛機アイアン・ベアに搭乗し、耐久力にものをいわせて戦線を維持するモズ。マルチプレイではキャラクターが持つスキルを活用した、役割分担が楽しめるのも『ボーダーランズ』シリーズの魅力だ

エデン-6での戦闘は、(一応は)人間タイプのバンディットとの戦いだったプロローグに対して恐竜のような生物(大きさは人間より小さいタイプから大型までさまざま)や、警備メカといった人外タイプのエネミーがメイン。銃を持っていないため遠距離から攻撃されることは少なかったものの、圧倒的な数とタフさにものをいわせて接近戦を挑んでくる動きは十分な脅威と感じた。

しかし今回の体験会ではレベル20までに得られるスキルポイントを自由に振り分けてスキルを習得できたうえに、どのキャラクターを選んでも4つ×各武器に2種類存在する弾丸タイプの使い分けで、都合8種類以上の強力な武器が使用可能だったため、ザコ敵は気持ちよく始末できた。

銃の種類も連射の効くアサルトライフルや単発の威力が高いハンドガンといったスタンダードな攻撃手段のものはもちろん、一度命中させればある程度敵の位置に合わせて飛んでいくビームタイプの大型の銃、トリガーを引くと地を這う弾が射出され、敵に着弾すると爆発するといった、トリッキーな効果を持つ武器が多数支給されていた。現代兵器がメインのFPSでは味わえない、バラエティに富んだ手段で戦闘が楽しめてかなり気持ちがよかった。

▲『ボーダーランズ』シリーズは銃の種類が豊富なうえに、ファイアーやクリオ、コロシップといった”エレメンタル属性”が加わった武器も頻繁に入手できる機会がある

また、『ボーダーランズ』シリーズのシステムとマルチプレイの特性が重なった、”全滅しにくさ”も、楽しさを感じたポイントのひとつ。そもそも『ボーダーランズ』シリーズには、シールド、体力が尽きても一定時間内に敵を倒せれば復活できる”セカンド・ウィンド”というシステムが存在するため、敵の猛攻にさらされても生き延びやすいゲームではあるのだが、マルチプレイでは倒れた仲間を蘇生してもらえるうえに、万が一死亡してしまっても、チェックポイントから即座に再スタートとなるため、仲間がピンチに陥る前に再合流しやすい。

実際、今回のプレイ時も筆者と編集、どちらかが敵の物量に押されて死んでしまうことは少なくなかったが、ふたり同時に戦闘不能になることは皆無だった。残されたひとりが粘っているといつの間にかやられた側のプレイヤーが復帰し、しばらくすると敵を押し返すことができて探索再開……といった流れで、時間いっぱいまでマルチプレイを楽しむことができた。

▲シングル、マルチプレイともに、瀕死状態でも”悪あがき”できるのも本作の特徴的な要素

多くのプレイヤーに支持されていた作品が持つ雰囲気、プレイ感覚はそのままに、遊びやすさを向上させる細かい追加要素(スライディングや壁よじ登り)と、長所のボリュームアップ(武器、スキルのバリエーション増加)が施されている『ボーダーランズ3』。限られたプレイ時間の体験会ではあったが、シリーズのファンにはもちろん、FPSに不慣れな人でも楽しめる仕上がりになっていそうな手ごたえは感じられた。

本記事やインタビューを見て本作に興味を持った人は、過去作のストーリーダイジェスト動画が視聴できたり、各キャラクターのスキルツリーをいち早く確認できる公式サイトをチェックし、発売までの期待を高めておくことをオススメしたい。

『ボーダーランズ3』日本語版公式サイト │ Borderlands 3 Official Website


© 2019 IPerion, LLC. Published and distributed by 2K. Gearbox and Borderlands, and the Gearbox Software and Borderlands logos, are registered trademarks, all used courtesy of Gearbox Software,LLC. 2K and the 2K logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

最新記事


TOP