ボーダーブレイクPS4版(ボダブレPS4)特集
  1. GameManiax
  2. ボーダーブレイクPS4版(ボダブレPS4)特集
  3. フードメニューが充実!『ボダブレ』コラボカフェ、「BORDER BREAK」café MAG MELLが秋葉原にて期間限定開催!

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

フードメニューが充実!『ボダブレ』コラボカフェ、「BORDER BREAK」café MAG MELLが秋葉原にて期間限定開催!

2019年9月9日にシリーズ10周年を迎える『BORDER BREAK』シリーズ。アーケード版は10周年当日を最後に稼働終了となってしまうが、PS4版は現在も定期的なバージョンアップを行ないつつ、サービスが継続中。PS4版のゲーム内では10周年を記念したさまざまなアップデートが行われる中、ゲーム外のリアルイベントとして、コラボカフェも開催される運びとなった。

2019年9月7日より、セガ秋葉原2号館内のセガコラボカフェにて『BORDER BREAK』シリーズをテーマにしたカフェ、“「BORDER BREAK」café MAG MELL”が期間限定でオープンする。本記事ではオープン前日に行われたメディア向け内覧会の模様をお届けする。

▲オープン前日に行われたメディア向け内覧会には、シリーズプロデューサーの青木盛治氏が来店し、内装やコラボメニュー、物販で販売される新アイテムを紹介した

 

▲コラボ期間中の6F内装は文字通り『BORDER BREAK』づくし。会場に入ると1/1輝星・空式のヘッドパーツやブースター、このイベントのために描き下ろされたハティ、フィオナがお出迎え

 

▲壁には10周年を記念して描かれたイラストや、歴代のブラスト・ランナーが網羅されているタペストリーが展示

 

▲カフェ内のテーブルにはこれまでのシリーズに登場したマップ全種と、牛マンのイラストが敷かれている

 

▲コラボカフェではアクリルスタンドやスタッフパーカーといった新アイテムをふくめたグッズの購入も行える

 

今回行われるコラボカフェイベントは、セガ秋葉原2号館にしっかりした調理スペースがあるということで、フードメニューが充実しているのもウリのひとつ。内覧会ではすべてのメニュー+特典としてもらえるアイテムが展示されたほか、試食も行なえた。

▲ドリンクは青木プロデューサーが手にしている緑のニュードドリンク(メロンソーダ+マスカットゼリー)をはじめ、『BORDER BREAK』のキャラクターをイメージしたメニューが、全12種類用意されている
▲フードはAmazing Treesカレーと、マグメル特製にゅーどる(鶏塩ラーメン、バジル風味)の2品

 

▲ニューロタワーをイメージしたというAmazing Treesカレーは、グリーンカレー……ではなく、味そのものはほどよい辛さのスタンダードなカレー。ごはんの“タワー”を崩すと、中にミートボールが入っていることを確認できる

 

▲デザートメニューのパフェはハティ(写真右)とフィオナ(写真中央)という、Playstation4版とアーケード版を代表する女性キャラクターをモチーフにした2品と、牛マン(青木プロデューサー)本人の命名による“牛マンのマジパネェベストマストモイパフェ”の計3種

 

▲ドリンクメニューを注文するとランダムで手に入るステッカー(全10種)

 

▲フードメニュー、もしくはデザートメニューを注文した場合は、ミニ色紙が特典としてついてくる(全5種、ランダム)。ちなみにカフェメニューを合計1500円以上注文すると、Playstation4版で使えるボーダーバリエーション、“ハティ/カフェ”も入手できる

 

今回紹介した「BORDER BREAK」café MAG MELLは、9月23日までフリー入場制で開催中。また、コラボカフェ開催中は、“セガのたい焼き 秋葉原店“でも『BORDER BREAK』をモチーフにした“ボダ焼き”(抹茶クリーム味)を販売。コラボカフェに足を運んだ際は、ぜひこちらもチェックしてみてほしい。

▲ボダ焼きが食べられるのは、セガ秋葉原5号館内の“セガのたい焼き 秋葉原店“。コラボカフェ会場であるセガ秋葉原2号館前のたい焼き店ではない点に注意

 

▲コラボカフェの会場はセガ秋葉原2号館の6階だが、入場するための受付は7階である点も覚えておきたい(歴代のアーケード版ポスターが目印)

ⓒSEGA

最新記事


TOP