アズールレーン攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アズールレーン攻略wiki
  3. 『アズレン』【特別企画】古鷹がソロモン諸島沖のサボ島沖合で発見記念! その歴史を紐解く!

最新記事

【アズレン】ウィークリーステージ「通商破壊」や潜水艦の作戦エリア変更機能などが実装《7/11アプデ情報》
更新:2019年7月12日

【アズレン】《特別企画》重巡摩耶 75年の時を経て発見される。 彼女が歩んだ歴史とは?
更新:2019年7月3日

【アズレン】「光と影のアイリス」復刻開催!「ジャベリン」着替えアイテムが入手可能な「月刊マンガJavelin」も開催!《6/27アプデ情報》
更新:2019年6月28日

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

『アズレン』【特別企画】古鷹がソロモン諸島沖のサボ島沖合で発見記念! その歴史を紐解く!

2019年5月5日、『アズールレーン』(以下『アズレン』)に登場する重巡洋艦「古鷹」が、ソロモン諸島沖のサボ島沖合で発見されたと故ポール・アレン氏(2018年死去)の海底調査チームより発表された。同チームによると古鷹の発見日は2月25日、発見深度は1400メートルとなっている。この記事では調査チームが公開してくれた画像を紹介すると共に、軍縮条約がもたらした巡洋艦時代の先駆けとなった古鷹が歩んだ歴史について紹介しよう。

ランキング

現在 週間 月間

古鷹の誕生


▲史実の古鷹(出典:Wikipedia
 

加古型重巡洋艦二番艦古鷹は1922年(大正11年)12月5日に起工し、1926年(大正15年)3月31日に竣工した。

計画段階では14cm砲を主砲として搭載する予定だったが、1923年(大正12年)に発効されたワシントン軍縮条約では巡洋艦の仕様が 「排水量10,000トン以下、砲口径5インチ以上8インチ以下」と定義された一方、保有トン数の制限は設定されなかったため、保有制限をかけられた主力艦を補うべく、より強力な20cm単装砲6基6門を装備することとなった。

この決定により、古鷹は世界で最初に20cm砲を搭載した巡洋艦として大きく注目を浴び、華々しいデビューを飾ったのだった。

技術の進歩に呑みこまれ


▲改装後の古鷹(左)。上の改装前の写真と比べるとかなり装備が増えているのが分かる (出典:Wikipedia


完成当時は最新鋭の性能を誇っていた古鷹だったが、大正から昭和初期にかけて世界中で技術や装備が急速に進歩したため瞬く間に性能は陳腐化してしまう。ことに20cm砲の装填が人力だったため、給弾速度の遅さが大きな問題となった。翌1927年に竣工した準同型艦である「青葉」や「衣笠」ですら機械装填式20cm連装砲を装備しており、この時代の軍事技術の革新速度のすさまじさを垣間見ることができる。

昭和10年代になると妙高型重巡洋艦や高雄型重巡洋艦といった大型化した重巡洋艦も続々と建造され、古鷹の性能の低さはより際立つ形となってしまう。そこで古鷹と姉妹艦の「加古」には大規模な近代化改修が施されることとなる。

1937年(昭和12年)3月16日に呉海軍工廠でに開始された改修は1939年(昭和14年)4月30日に完成。主砲は自動装填式20.3cm連装砲3基6門に換装、カタパルトも装備され偵察能力が向上。機関や魚雷設備も更新され、一線級の性能を持つ巡洋艦として生まれ変わった古鷹だったが、時代の荒波は目の前に迫っていた。

太平洋戦争開戦

1941年(昭和16年)12月8日の時点での古鷹加古及び青葉衣笠と共に第六戦隊として編成され、南洋防衛を担当する第四艦隊の指揮下に入り、グアム島攻略作戦を支援していた。

1942年5月には世界初の空母対空母による戦闘が行われた珊瑚海海戦にも参加し、沈没した軽空母祥鳳の乗員救助や大破した空母翔鶴の護衛任務を果たした。

8月7日、古鷹ら第六戦隊は重巡「鳥海」軽巡「天龍」らと共に、ガダルカナル島へ上陸しようとする米軍輸送艦隊を護衛していた米豪連合艦隊と交戦し、重巡4隻を撃沈するという大勝利を挙げた。このとき古鷹は主砲153発、高射砲94発、25mm機銃弾147発を発射するなど奮闘し、勝利の立役者となったのだった。

しかしこの戦いの帰路、加古が米潜水艦S-44の雷撃を受けて沈没。古鷹は姉妹艦の最期をその目で見届けることになった。

古鷹の最期

8月23日から24日にかけて戦われた第二次ソロモン海戦で日本軍は敗退し、激戦続くガダルカナル島への大規模な兵員輸送が不可能な状況となる。加えて米軍はヘンダーソン飛行場の建設に成功して制空権を優勢とし、戦局は米軍側に大きく傾いていた。

飛行場を破壊しなければ戦局を覆すことは不可能と判断したた日本海軍は、第六戦隊や戦艦「金剛」「榛名」らによる飛行場破壊作戦を立案し、実行に移した。

第一次攻撃隊の一員として進発した古鷹だったが、11日夜間にサボ島付近で米軍の迎撃部隊と会敵、サボ島沖海戦が生起する。この戦いは、旗艦を務めていた青葉が米艦隊を味方と誤認し、砲撃を受けて指揮官が戦死するなど混乱したものとなった。

青葉が煙幕を張って離脱した後は古鷹が巡洋艦ソルトレイクシティー、ボイシ、駆逐艦ダンカン、マッカラ、ブキャナンからのレーダー統制砲撃を受け、水面上だけで大小90発以上、水面下にも多数の直撃弾を受けてしまう。

2150には魚雷発射管に命中弾の破片を浴び、装填中の九三式酸素魚雷から酸素が漏れて大火災となる。夜の闇に赤々と照らし出された古鷹は、格好の目標となり更なる集中攻撃を受けて22時40分には航行不能に陥り、12日午前0時28分に沈没。戦死者33名、行方不明者225名だった。


▲12cm単装高角砲と思われる(出典:facebook RV Petrel


61cm4連装魚雷発射管(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


▲(出典:facebook RV Petrel


『アズールレーン』公式サイト

© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.

最新記事

【アズレン】ウィークリーステージ「通商破壊」や潜水艦の作戦エリア変更機能などが実装《7/11アプデ情報》
更新:2019年7月12日

【アズレン】《特別企画》重巡摩耶 75年の時を経て発見される。 彼女が歩んだ歴史とは?
更新:2019年7月3日

【アズレン】「光と影のアイリス」復刻開催!「ジャベリン」着替えアイテムが入手可能な「月刊マンガJavelin」も開催!《6/27アプデ情報》
更新:2019年6月28日


TOP