アズールレーン攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アズールレーン攻略wiki
  3. 『アズールレーン』第8章「極北の海戦」(ノーマル)攻略情報『アズレン』

最新記事

【アズレン】ウィークリーステージ「通商破壊」や潜水艦の作戦エリア変更機能などが実装《7/11アプデ情報》
更新:2019年7月12日

【アズレン】《特別企画》重巡摩耶 75年の時を経て発見される。 彼女が歩んだ歴史とは?
更新:2019年7月3日

【アズレン】「光と影のアイリス」復刻開催!「ジャベリン」着替えアイテムが入手可能な「月刊マンガJavelin」も開催!《6/27アプデ情報》
更新:2019年6月28日

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

『アズールレーン』第8章「極北の海戦」(ノーマル)攻略情報『アズレン』

『アズレン』第8章(ノーマル)攻略。ここでは8-1「極北の風」、8-2「北極圏の朝霧」、8-3「氷の荒波」、8-4「忘れられし戦場」の各ステージについて攻略情報を掲載しています。

ランキング

現在 週間 月間

第8章はキャラのレベルを90前後に!

第8章へは指揮官レベル60以上で挑むことができます。そのうえで、チェックしておきたいのが、艦隊に編成するキャラのレベルです。前衛艦隊、主力艦隊共にキャラのレベルは80後半を前提として、可能であればレベル90以上のキャラを編成していきましょう。

レベルだけでなくキャラの強化も十分に行っておくことが大切です。そしてスキルレベル、装備の強化も疎かにはできません。これらを念頭において準備しましょう。


▲キャラの好感度を「好き」や「愛」にすることで受けられるステータス補正も利用していきましょう

8-1「極北の風」

8-1はマップ上の敵艦隊を4艦隊撃破するとH1、I3のどちらかにボス(電)が出現します。

本ステージは縦が3マスしかなく、そのうえ流氷によって通路が限定されているので、その進路上に敵艦隊が出現している場合は戦闘を回避できません。

これによって戦闘回数が増加することも多くなるため、道中を担う艦隊の状況をみつつ、ボスと戦う艦隊も1~2戦は道中で戦うことを想定しておきましょう。


▲障害物が存在する狭いマップ特有の“進路上に敵艦隊が並ぶ”状況。ボス出現までの4戦なら戦闘自体は気になりませんが、複数の大型艦隊で進路を塞がれるとやや難度が上がります


▲マップ上の敵艦隊も強力で、撃破に手こずると奥から新たに敵が出現して画面が大変なことに。特殊攻撃は温存せず常に全力で戦っていきましょう

ボスの電は放射状に4本放つ魚雷攻撃のほか、斜め上方・下方にそれぞれ3本ずつ3回発射する魚雷攻撃を仕掛けてきます。また、横に2本並んだ弾を連射したり、粒状の弾が密集した塊を放ったりといった攻撃も行います。

これらの攻撃に加え、定期的に自爆艇が複数出現するので、砲撃系の攻撃(連射する弾や粒状の弾)はある程度の被弾を覚悟して、魚雷を優先的に避けながら自爆艇をできるだけ撃破し、ボスを攻撃していきましょう。


▲斜め上方・下方へ3本ずつ放つ魚雷攻撃は基本的に中央で避けます。ですが、そこへボスの砲撃がきた場合は後ろに下がりながら上下に細かく移動し、少しでも被弾を減らしましょう

8-1では本ステージ限定のドロップで電が入手できます。レアリティがレアなのでSSレアの赤城、加賀、夕立などより入手はしやすくなっていますが、そうは言ってもこればかりは運の要素も絡んでくるので、気長な周回プレイをオススメします。

装備面では、射程が長く火力と対空の両方が上昇する「127mm連装両用砲T3設計図」もドロップします。これは5-1でもドロップしますが、揃っていない場合はこちらでも入手の可能性があるので、電のドロップ狙いや高レベルキャラの育成など複数の目標を立てながら集めてみてはいかがでしょうか。

8-2「北極圏の朝霧」

8-2はマップ上の敵艦隊を4艦隊撃破すると、A1、H1のどちらかにボス(雷)が出現します。

8-1に比べてマップは広くなっていますが、大きな流氷がマップ中央付近にあるため、マップの左右を行き来する際はD3を必ず通過することになります。

ボス戦に挑む艦隊は、ボスがどちらに出ても移動が長くなりすぎないように中央付近へ移動させておくようにしましょう。


▲PTボートの魚雷攻撃は非常にやっかいです。出現したらできるだけ早く撃破しましょう

道中現れる軽巡洋艦、重巡洋艦クラスの敵キャラも強力になり、PTボートや量産型も含めると放たれる魚雷の本数が増大するので十分な注意が必要です。

敵キャラと量産型が重なったらそこへ主砲攻撃を使用したり、大量の魚雷攻撃時は航空攻撃で弾消しを行ったりと、その都度迅速な対応が必要となります。

自艦隊各キャラのスキルレベルを上げてスキルによる攻撃や補助などもしっかり活用していきましょう。


▲ボスの雷は電と同様の斜め上方・下方3本ずつ放つ魚雷だけでなく、放射状や直線に進む魚雷攻撃も仕掛けてきます

ボスとして現れる雷の特徴は魚雷攻撃を主体とした攻撃で、3パターンの魚雷攻撃を仕掛けてきます。

ひとつは8-1の電と同様で、斜め上方・下方へ直進する3本並んだ魚雷攻撃。もうひとつは放射状に4本放つ魚雷攻撃。そして最後は3本縦に並び直進する魚雷を5回連続で発射します。

この魚雷は雷のいる場所とは関係なく発射位置がランダムで、発射の予兆も短いため見逃さないように注意して避けましょう。

また、これらの魚雷攻撃は2種がほぼ同時に使用されることもあるので、どうしても避けられない場合は航空攻撃で対処しましょう。


▲魚雷以外の攻撃は電同様2本並んだ弾を連射する砲撃です

雷の魚雷については、斜め上方・下方に直進する魚雷はその中央。放射状に広がる魚雷は後方へ下がりながらすき間を抜けるか、発射後すぐなら発射位置の上下。直進する魚雷は発射位置を確認後、空いているすき間を抜けることを基本にすると比較的避けやすいです。

8-2では現状本ステージ限定ドロップとなっている雷がドロップします。電同様レアリティはレアですが、ドロップには運の要素も大きく関わってくるのでこちらも気長な周回がオススメです。そこで、本ステージでドロップする装備設計図も合わせて狙ってみてはいかがでしょうか。

本ステージでは6-4でもドロップする「610mm四連装魚雷T3設計図」、4-2やこの後8-4でもドロップする「203mm連装砲T3B」などがオススメなので、これらの装備設計図を集めながら雷も狙ってみましょう。逆に、装備設計図のみを本格的に集めたい場合は、本ステージでは大変なので4-2や6-4(夕立のドロップを狙いながら)などで集めることも検討しましょう。

8-3「氷の荒波」

8-3はマップ上の敵艦隊を4艦隊撃破するとA1、A6、H1、H6のいずれかにボス(那智)が出現します。

マップが広く流氷による通路制限があり、とくにボス出現位置のひとつであるA1マスへはA2~A4、もしくはC1~Fを通過しなければたどり着けないため、A1にボスが出現することも考慮してできるだけその辺りの敵艦隊を優先的に撃破することを考えましょう。

また、移動距離が長くなるため、待ち伏せ艦隊対策としてSGレーダー(できればT3)も装備しておきましょう。


▲本ステージには弾薬回復ポイントのほか、複数の「?」マスも出現します

ボスの那智は出現後、終始その場から移動しません。そのためこちらの攻撃は比較的当てやすのですが、回転型のシールドを展開するのでダメージが与えにくくなっています。

また、攻撃面では放射状に連続して比較的大きめな赤い弾を発射するほか、2列に並んだ弾を数発連続発射したり、4本の魚雷を発射するなどの攻撃を行います。

これらの特徴により、動かないとはいえ那智の正面に位置取りしにくく攻撃も与えにくくなっています。


▲シールドによる防御で通常の攻撃が当たりにくくなっていますが、魚雷攻撃や航空攻撃、主砲攻撃による攻撃は有効なので、シールドが消えるまではそれらを活用してダメージを与えていきましょう


▲放射状に連続して放つ赤い弾。この他にも魚雷や2列の弾を数発連射するなど、那智の正面には位置取りしにくくなっています。基本的に那智の攻撃は後ろに下がることで弾と弾の間隔が広がり、避けやすくなります


▲また、定期的に現れる4隻の自爆ボートにも対応し続けていかなければなりません。見逃し過ぎると主力艦隊へのダメージが蓄積するので危険です


▲画面右端に三角形のマークが出て自爆ボートの出現がわかったら、後ろに下がり魚雷を発射。魚雷発射のタイミングにもよりますが、四連装や五連装の魚雷なら画面中央に合わせて発射することで、広がった魚雷が突進する自爆ボートに当たりやすくなります

8-3ではボスとして登場した那智がドロップします。また、装備面では6-2でもドロップする「155mm三連装砲T3設計図」が軽巡洋艦の主砲や戦艦の副砲として優秀なのでオススメです。

なお、那智はこの後8-4でもドロップしますが、那智のドロップは現状8-3と8-4のみなので、入手を考えている指揮官は注意しましょう。

8-4「忘れられし戦場」

8-4はマップ上の敵艦隊を4艦隊撃破するとH7にボス(摩耶)が出現します。

マップは8-3から縦に1ライン増えた広さになっていて、流氷で通行できない場所もあります。ボスの出現位置がH7だけなので、本マップのスタート位置によってはボス(H7)までのルートが空いている場合もあり、その場合はボス突入艦隊を先にそちらへ向かわせておきましょう。

これで道中担当艦隊がマップ上の敵艦隊を撃破した際、索敵によってボスまでのルートが塞がれても戦闘回数が増えることを抑制できます。


▲アイコンで見えなくなっていますが、A4は流氷で通行不可のため、A5の弾薬回復ポイントへはA6から行く必要があります

ボスの摩耶は雷、電を引き連れて登場し、摩耶は中央、雷、電はそれぞれ上下に現れてその場で終始止まったまま移動せず攻撃を仕掛けてきます。各攻撃方法は以下のとおりです。

・雷、電の攻撃方法


▲同タイミングで各5本ずつ、合計10本の魚雷が並列で一斉に発射されます。回避可能場所は摩耶の正面(中央)と画面最上部で、画面最下部は一番下の魚雷に当たってしまうので回避場所にはなりません。注意しましょう


▲画面上部の電は上から下へ、画面下部の雷は下から上へ薙ぎ払うように弾を乱射します。回避は難しいですが、1発2発程度なら当たっても問題ないので、できるだけ多くの弾に当たらないことを心がけましょう

・摩耶の攻撃方法


▲赤い弾が放射状に広がる攻撃は、これだけなら中央が回避場所の第一候補となるほか、後ろに下がって上下へ移動しながら弾のすき間を抜けることも可能です


▲赤い弾が3発密着した形で一直線に飛ぶ攻撃があります。これは放射状に広がる弾と同時に放たれることもあり、中央で避けているとこの弾にだけ当たってしまいます


▲4本の魚雷による攻撃。他の攻撃と同時に発射することもあるので予兆に注意しましょう


▲小さな弾を連射する攻撃。1発ずつの攻撃力は高くないですが、連続で被弾するとそのダメージも無視できなものになります。魚雷と同様他の攻撃と同時に行うことも多く、注意が必要です

摩耶、雷、電の3キャラによる同時攻撃が脅威となる本ステージのボス戦は、とにかく最初に雷か電を先に撃破し、移動しやすい場所を作りましょう。

どちらか片方を撃破すれば、空いた場所を回避場所にしつつもう片方のキャラを撃破し、摩耶との戦いに集中できます。


▲まずは雷、電のどちらかを集中攻撃して撃破し、移動しやすい環境を作っていきましょう

雷、電を撃破して摩耶だけになってしまえば、戦闘はかなり楽になります。

とはいえ、定期的に画面最上部と最下部に自爆艇が現れるので、その対処も怠らないようにしましょう。

また、摩耶はHPもかなり多いので、各種特殊攻撃(主砲攻撃、魚雷攻撃、航空攻撃)は溜まったら温存せずどんどん使っていきましょう。

8-4では那智に加えて本ステージのボスとして登場した摩耶がドロップします。摩耶はSSレアかつ本ステージ限定ドロップなので入手確率も低いですが、レアリティに相応しい高い性能を誇る重巡洋艦です。

また、装備では重巡洋艦の主砲として高性能な「203mmSKC連装砲T3設計図」がドロップします。これは7-3でも入手できますが、金背景の装備でもあるため必要数も多く集めにくく、本格的に集める場合は本ステージと7-3の両方でキャラの育成をしながら集めてみてはいかがでしょうか。


© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.

最新記事

【アズレン】ウィークリーステージ「通商破壊」や潜水艦の作戦エリア変更機能などが実装《7/11アプデ情報》
更新:2019年7月12日

【アズレン】《特別企画》重巡摩耶 75年の時を経て発見される。 彼女が歩んだ歴史とは?
更新:2019年7月3日

【アズレン】「光と影のアイリス」復刻開催!「ジャベリン」着替えアイテムが入手可能な「月刊マンガJavelin」も開催!《6/27アプデ情報》
更新:2019年6月28日


TOP