アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】『古の守護者』で追加されたカードで短期決着デッキを構築!【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】『古の守護者』で追加されたカードで短期決着デッキを構築!【アルネオ】

【アルテイルNEO】『古の守護者』で追加されたカードで短期決着デッキを構築!【アルネオ】『アルテイルNEO』の新カードパック『古の守護者』で追加されたマモンとシールドを主軸にしたデッキを紹介。勝っても負けてもさくっと決着が着くのが魅力のデッキだ。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【自分のLPを削って無理矢理シールドスキルを起動する『マモン』

▼【相手の盤面を確実に壊滅に追い込める『全砲門斉射』、『妖精族の戦い』

▼【実際にデッキを構築してみた

 【SP回復部隊

 【戦闘部隊

 【戦闘補助部隊

 【魔法

 【シールド

▼【バトルの手順

 

自分のLPを削って無理矢理シールドスキルを起動する『マモン』

マモンはオープンスキル「強欲の七獄魔」自分のLPを1減らせる。レベル3でありながら、レベル4のルティナのような使い方が可能で、自分の好きなタイミングでシールドスキルを発動できるのが強みだ。

またアクションスキル「ロストグリード」は、射程内のランダムな1体にダメージを与え、相手のHPが0になったら相手のLPを1減らす。消費SPは2と多いが、相手の盤面にユニットがいてもLPを削ることができるのは魅力。

相手の盤面を確実に壊滅に追い込める『全砲門斉射』、『妖精族の戦い』

今回注目したいのはこのふたつのシールドだ。どちらも相手のSPを2増やすというデメリットはあるものの、非常に強力な効果で相手にダメージを与えられる。

SPの少ない序盤にセットされるユニットなら、ほぼ確実にクローズさせられるのが強み。

今回はこれら3種の新カードと断罪の時を組み合わせた短期決着デッキを紹介していこう。

実際にデッキを構築してみた

基本的にガンガンシールドブレイクをしていくことが本デッキの目的なので、低コストかつ高火力のデッキをチョイス。また、一度にLPを2削れるリヴェイラをチョイスしている。

 

■SP回復部隊

 

今回のSP回復部隊は光の精霊閃きの瞬間閃きの瞬間はSPの変動は光の精霊と変わらないが、自分ユニットの速さを1増やせるのと、瞬間的にSPを3増やせるという点で重宝する。

 

■戦闘部隊

  

ゴウエンデッキの前衛として汎用性の高いディフォ、オープンスキルで手っとり早くダメージを与えられるアーロンに、テキストスキル「復讐の姫君」で相手のLPを2削れるリヴェイラをチョイス。

 

■戦闘補助部隊

 

アレグリア炸裂する玉をチョイス。アレグリアは言わずと知れたゴウエンデッキの回復役として優秀なユニット。炸裂する玉アレグリアと組み合わせれば全体30点ダメージが期待できるので保険として入れている。

 

■魔法

 

炎の息石の牙をチョイス。シールドスキルでカバーしきれない相手を倒すのに便利だ。

 

■シールド

全砲門斉射妖精族の戦い断罪の時断罪の時断罪の時の順番にセット。速攻で相手のLPを3まで削り、最後は断罪の時3連続で残りのLPを削っていくという流れ。逆に断罪の時発動時に相手のLPが3以上ある場合は、こちらの負けがほぼ決まってしまうというところもこのデッキの魅力でもある。

バトルの手順

序盤の流れはほぼ決まっている。ディフォリヴェイラ光の精霊といった流れだ。注意する点としては開幕にしっかりとゴウエンに3振っておくということ。これで相手がSPを削ってきたとしても次ターンでリヴェイラがセットできる。

ここからは相手の出方次第で動きを変える。相手がディフォを倒して盤面を固めてくるようなら、ディフォをリムーブして全砲門斉射を発動。相手の盤面を一掃し、リヴェイラでシールドブレイクをしていく。

注意点としては、最初のシールドブレイクはなるべくこの流れですることを心がけること。

例えば相手が初手にセットしてきた光の精霊炎の息ディフォで倒してしまい、次ターンで相手のタイミングでシールドスキルを発動されて、リヴェイラが返却されるといった流れになってしまうと、こちらが俄然不利になってしまう。

そうならないためにも、ディフォは囮として行動し、を素早く発動できるようにしていこう。

ここからは相手の状況を見て妖精族の戦いを発動していく。妖精族の戦いで相手の盤面を壊滅できそうなら、マモンで無理矢理シールドスキルを発動するといい。

倒し切れそうにないならば、炎の息石の牙で相手の盤面を崩しつつ、シールドスキル発動の機をうかがおう。

このデッキは断罪の時発動前に相手のLPが3になった時点で勝ちが確定する。相手のLPが8なら、リヴェイラのシールドブレイク×2+1点、LPが7ならリヴェイラのシールドブレイク×2回で勝利が確定するのでサクッと勝利できる。

逆に、大型デッキでLPが非常に高い相手だとLPを削りきる前にこちらのLPが削られてしまうことも少なくないので、そう言った場合はこちらもサクッとあきらめる。

そう言った割り切り型のデッキなので、回転数を上げたいときに使っていこう。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP