アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】「EXカードパック混沌に抗う者」配信開始!追加カードは全34枚!《4/11更新》【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】「EXカードパック混沌に抗う者」配信開始!追加カードは全34枚!《4/11更新》【アルネオ】

【アルテイルNEO】「EXカードパック混沌に抗う者」配信開始!追加カードは全34枚!【アルネオ】 『アルテイルNEO』の新EXカードパック『混沌に抗う者』が2019年4月11日に配信となった。今回はパック内に含まれている新カード、新シールドをピックアップして紹介していこう。

目次

▼【新カードは34種類

▼【新カード、新シールド紹介

 【紅の大将『ルビーイーター』

 【不浄の主『ユディット』

 【叡智の毒茸『アニエス』

 【風の女王『オエステ』

 【紫の盟主『アメジストモナク』

 【滅亡の杯『リリエラ』

 【花園の女王『ナターシャ』

 【召喚竜魔道士『リュウカ』

 【封印の酒瓶

 【服従の領域

 

新カードの種類は全34種類!

今回の新EXカードパック『混沌に抗う者』はカードが28枚、シールドが6枚の全34枚のパックとなっている。

カードパックは300ベリル、カードBOXは3000ベリル、どちらも無償ベリルで購入可能だ。また、本カードパックはいずれも『混沌に抗う者』の新規カード全28種、新規シールド全6種のみが排出される。

【アルテイルNEO】カード図鑑はこちら!新カードも更新済み


新カード、新シールド紹介

それでは新カードの中でレアリティの高い8種類を紹介していこう

■紅の大将『ルビーイーター』

カードタイプカーバンクルの大将とも言えるカードで、スタートスキル「紅の大光」すべてのユニットのレベルを1増やし、さらにこのユニットをのぞく自分のカーバンクルすべてのHPを15回復、このターンの間防御を10増やす。レベルを増やす対象は相手ユニットも含まれる点に注目したい。とくにレベルに左右される返却系のシールドを使う際には要注意だ。

アクションスキル「紅の射光」は自分ユニットから1体選びレベルを2増やす。さらに射程内の相手ユニットからランダムな2体に選んだユニットのレベル×5分のダメージを与える。もっとも簡単な使い方としては自身のレベルを上げて相手を攻撃するというもの。もともとのレベルが4、スタートスキル「紅の大光」でさらに+1、アクションスキル「紅の射光」で+2レベルが上がるので、最低でも35点のダメージが期待できる。

もうひとつのアクションスキル「竜族狩り」相手ユニットから1体選びHPを0にする。このユニットのレベルが9であることが発動条件なのですぐに使うことはできないが、非常に強力なスキルと言える。

 

■不浄の主『ユディット』

不死・霊体のサポート役とも言えるユニットで、オープンスキル「不浄立ちの主」は自身の不死・霊体すべてのユニットの攻撃力、防御力を10増やす。効果は永続なのでリフレッシュ系のスキルで復活できる不死・霊体と相性がいいスキルと言える。

スタートスキル「大気汚染」はHP30以下の不死・霊体すべての自身ユニットの最大HPを10増やし、HPを10回復する。基本的に小型の不死・霊体は最大HPが低いのでこちらのスキルの恩恵を受けやすいのが魅力。

クローズスキル「堕落させる肢体」はデッキからこのユニットと同じカードを墓地に送る代わりに、すべてのユニットから1体選び、最大HP、HP、攻撃力を30、防御力を0、速さ射程を2に、このユニットのHPを完全回復する。自身を復活しつつシールド暗闇の覆いと同等の効果を放てるのはかなり強力だ。

 

■叡智の毒茸『アニエス』

既存のユニットマイコニドを進化させたようなユニットでテキストスキル「拡散する胞子」により、このユニットの攻撃は自身のバトルエリアにいるモンスターの数×20分のダメージを防御力を無視して与えられるマイコニドが対象2体なのに対し、こちらは威力を上げて対象を1体に絞ったという形になっている。

オープンスキル「知識の恵み」は、自身のすべてのモンスターユニットの最大HPを20増やし、HPを20回復する。ある程度バトルエリアにモンスターがいる状態で使いたい。

オートスキル「養分分配」はこのユニットをのぞく自身のモンスターユニットすべての最大HPを10増やし、HPを10回復する。モンスターを徹底的にサポートし、そのモンスターの力を借りて自身の攻撃力を上げていくという戦い方が期待できる。

 

■風の女王『オエステ』

速さを操り相手の行動を阻止するタイプのユニット。スタートスキル「風の支配者」速さ6以上のすべての相手ユニットに30ダメージを与え、速さをゲーム開始時の状態に戻し、アクション終了する風の精霊で確実に先手を取ろうとする相手に突き刺さるスキルとも言える。

アクションスキル「精霊柱」射程内の相手ユニットから1体選び30ダメージを与え、速さを6にする。次ターンでスタートスキル「風の支配者」の対象にしたい相手を選ぶのが得策だ。

アクションスキル「抹消の拳」は相手ユニットからランダムな2体にこのユニットの速さ×5分のダメージ(通常15点)のダメージを与える。さらにこの効果でHPが0以下になったすべてのユニットをデッキに戻す風の精霊でや本パックで追加された神速を使えば速さが8となり、40点ダメージとなるので返却できる対象はかなり増えると言える。

 

■紫の盟主『アメジストモナク』

先に紹介したルビーイーターに似たユニットでカーバンクルを強化するユニット。オープンスキル「紫石の生命光」は自身のカーバンクルユニットすべてのレベルを2増やしHPを完全回復する。

スタートスキル「不可侵の眼光」は、このターンの間相手ユニットすべての攻撃力を10、速さを1減らす。発動条件がこのユニットの青石のカーバンクルなので、青石のカーバンクルを使うなどしてレベルを3上げる必要がある点に注意したい。

クローズスキル「紫光の転生」は、このユニットをのぞく自身のカーバンクルすべての最大HPを10増やしHPをこのユニットのレベル×5分回復する。クローズしてもなお味方のカーバンクルを守ることができるのが魅力だ。

 

■滅亡の杯『リリエラ』

所持スキルはオープンスキルのみ。オープンスキル「滅亡の代価」はmローティアかつレベル4以下の自分ユニットから1体選び、HPを0にする。0にした場合レベル4以下の相手ユニットから1体選び、HPを0にする。自分のユニットを囮にする代わりに相手のユニットもクローズにできる。光の精霊闇の精霊など、仕事が終わったユニットを囮に使うといい。

速さが4あり攻撃力も30とそこそこあるので、アタッカーとしても期待できる。不死・霊体デッキの前衛として活躍するのもアリだ。

 

■花園の女王『ナターシャ』

既存ユニット花女の強化版といえるユニット。スタートスキル「女王の揺り籠」は、このユニットをのぞく攻撃力が0の自分ユニットすべてのHPを20回復する。先に紹介したアニエスと相性のいいスキルだ。

オートスキル「ドレイン」は、相手ユニットからランダムな1体に、このユニットの最大HPの50%分のダメージを防御力無視で与える。さらにこのユニットの最大HPを10増やし、HPを10回復してアクションを終了。これは花女とまったく同じ挙動だ。

クローズスキル「残された種子」はクローズした自身のモンスターユニット1体を復活できる。複数を対象とするスキルでまとめてクローズしてしまったときに役立つ。

 

■召喚竜魔道士『リュウカ』

オートスキル「召喚魔方陣」は、自身のバトルエリアに魔術師が2体いると発動できるスキルで、自分のユニットから1体選び、最大HP、HPを60、攻撃力を30にする。能力値の低い小型ユニットに使っていきたい。

アクションスキル「赤竜の炎息」は、自分の墓地から魔術師のカードを2枚消滅させることが発動条件で、射程内のすべての相手ユニットに60ダメージを与えられる。リュウカの射程が3あるので、かなり広域にダメージを与えられるのが魅力だ。

 

■封印の酒瓶

攻撃力20以下の未アクションユニットから1体選びデッキに戻す。返却系のシールドだが攻撃力20以下という条件がネック。序盤なら砂の民の暗殺者を終盤ならアウグスタなどとセットで使うのもアリだ。

 

■服従の領域

すべてのユニットから1体選び30ダメージを与え、射程を1にしてアクション終了する。ガエターノのようなやっかいなユニットの足止めに効果的。LPが2あるのでLPを底上げしたいときにセットしておくのもいい。

今回のカードパック『混沌に抗う者』には魅力的なカードが盛りだくさん。レアリティは低くとも効果的なカードもまだまだあるので図鑑とにらめっこして新たなデッキを構築してほしい。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP