アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】「EXカードパック深紅の姫君」配信開始!新カード全34種まとめ【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】「EXカードパック深紅の姫君」配信開始!新カード全34種まとめ【アルネオ】

【アルテイルNEO】「EXカードパック深紅の姫君」配信開始!新カード全34種まとめ【アルネオ】 『アルテイルNEO』の新EXカードパック「EXカードパック深紅の姫君」が2019年2月28日に配信となった。今回はパック内に含まれている新カード、新シールドを紹介していこう。

目次

▼【新カードは34種類】

▼【新カード、新シールド紹介】

 【竜騎士『リサース』】

 【痛みの首領フィアス
 【追う者リヴェイラ
 【森の魔術師ヘザー
 【聖域の守護者サージス
 闇の首領インサイド
 【大魔獣アティラ
 【深緑の娘ディアドラ
 【決別の炎】
 【雷精の突撃】

 

新カードの種類は全34種類!

今回の新EXカードパック 深紅の姫君 はカードが28枚、シールドが6枚の全34枚のパックとなっている。

カードパックは300ベリル、カードBOXは3000ベリル、どちらも無償ベリルで購入可能だ。また、本カードパックはいずれも「深紅の姫君」の新規カード全28種、新規シールド全6種のみが排出される。

【アルテイルNEO】カード図鑑はこちら!新カードも更新済み


新カード、新シールド紹介

それでは新カードの中でレアリティの高い8種類を紹介していこう

■竜騎士『リサース』

速さと射程を兼ね揃えたユニット。基本攻撃力は0だが、オートスキル「竜の力」により、そのターンの間、自身の攻撃力を自分のバトルエリアにいるユニット×15分増やせるので、最低でも攻撃力15は期待できる。

また、アクションスキル「英雄の目覚め」はこのユニットの攻撃力を現在の攻撃力分増やしたのち、相手ユニットから1体選んで攻撃力分のダメージを与えられる。攻撃力上昇の効果は永続的に持続するので、生存すればするほど攻撃力が倍増していくという性能を持っている。

幸福を呼ぶ珍獣アドベントといったユニットでSPを回復しながら「英雄の目覚め」で攻めていくといったスタイルが期待できる。

 

■痛みの首領『フィアス』

射程内のすべての相手ユニットに防御力を無視して20ダメージを与えられるオートスキル「夜を裂く悲鳴」で出鼻をくじいてからの攻めが強力。

また、アクションスキル「逃れられぬ痛み」相手の最大HPを20にし、攻撃力を10、速さを1減らせるので、こちらも「夜を裂く悲鳴」との相性バッチリ。

さらにクローズスキル「終わりなき痛み」HP20以下の相手ユニットから1体選んで最大HPを0にできる。これまた「逃れられぬ痛み」とのコンボとして効果的だ。

 

■追う者『リヴェイラ』

『アルネオ』初のダブルダメージを持つユニットでテキストスキル「復讐の姫君」シールドブレイクでLPを2減らすことができる。

またオートスキル「魔獣狩り」は射程内のレベル5ユニットから1体選んで自分のゴウエン値×10のダメージを与えられる

アクションスキル「その力は…」はレベル5以上の相手ユニットから1体選んでHPを0にする。さらに相手のデッキからそのユニットと同じレベルのカードをランダムで1枚墓地に送れる。高レベルのカードに使うことで真価が発揮できると言える。

どちらも高レベルユニットをピンポイントで狙い撃ちできるのも魅力だ。

 

■森の魔術師『ヘザー』

オープンスキル「霧の森」、スタートスキル「深い霧」はレベル5以上のネームドのユニットから1体選びアクション終了にする。現在猛威を震っているガエターノをはじめとする高レベルユニットのメタと言えるスキル。

またアクションスキル「魔力転換」攻撃力10以上の自分ユニット1体の攻撃力を0にする代わりに、別のユニットにそのユニットの攻撃力を転換するというもの。

長靴を履いた猫と組み合わせれば、レベル4のユニットもオープンスキル「霧の森」、スタートスキル「深い霧」の対象となるため、セットでデッキに組み込みたい。

 

■聖域の守護者『サージス』

スタートスキル「聖域の騎士」はすべての相手ユニットの攻撃力、防御力を初期値に戻すザガールなど強力なバフを必要とするユニットに非常に効果的だ。

またクローズスキル「最後の護り」はすべての相手ユニットの攻撃力を0にできる。こちらはそのターンのみにしか効果がないがただではやられないユニットとして活躍できる。

アクションスキル「右手の力」太陽王国の味方にバフを掛けられるので、サポート役として太陽王国デッキに組み込もう。

 

■闇の首領『インサイド』

テキストスキル「吸血族」により、このユニットで攻撃すると、射程内の相手ユニットからランダムな2体の最大HPをこのユニットの最大HPの50%分(通常時なら25点)減らせる

さらにアクションスキル「紅き夜」は射程内の相手ユニットから1体選び最大HPを40減らす。さらにこのユニットの最大HPを20増やし、HPを20回復できるので、テキストスキル「吸血族」の効果を底上げできる。

またクローズスキル「闇を統べる者」も相手ユニットから1体選んで最大HPを20減らすという効果があるので、HPの低いユニットを一掃しやすいのはもちろん、HPの高いユニットもあっという間に弱体化させることができるのが強み。

アクションスキル「紅き夜」の発動条件が夜なのでエスカティアがいると頼もしい。また、先に紹介した痛みの首領『フィアス』とも相性がいいのでセットでデッキに組み込もう。

 

■大魔獣『アティラ』

テキストスキル「大魔獣の爪」により攻撃にアクション終了が付与される。また、スタートスキル「自然の猛威」は射程内の相手ユニットから1体選んで速さを1にできるので、相手の盤面を崩しやすいユニットと言える。

またアクションスキル「大地の咆哮」はすべての相手ユニットに攻撃力50%分のダメージを与えつつ、レベル3以下のすべての相手ユニットをアクション終了にできる。小型から大型まで幅広く戦える汎用性のあるユニットだ。

 

■深緑の娘『ディアドラ』

オープンスキル「新緑の歌」は自分のすべての属性値が2以下のときに発動。自分のLPを1減らす。条件付きのルティナといった感じだ。序盤で自身のシールドスキルを発動させて相手に嫌がらせをしていくといったデッキ構築で活躍できるだろう。

 

■決別の炎

未アクションの相手ユニットから1体選んで最大HPを0にする。さらにすべての自分ユニットの攻撃力を10増やす。高レベルユニットを沈めつつ、味方全体にバフが掛けられるのが魅力で、とくに高レベルの不死霊体系ユニットに効果的と言える。

 

■雷精の突撃

相手ユニットからランダムな2体に20ダメージを与えつつ、相手の次ターン開始時にもらえるSPを1減らせる。似たような効果で暴風岩魂の拷問器などあるので、大型ユニットデッキを構築する際の新たな選択肢として視野に入れよう。

 

今回のカードパック『深紅の姫君』には魅力的なカードが盛りだくさん。レアリティは低くとも効果的なカードもまだまだあるので図鑑とにらめっこして新たなデッキを構築してほしい。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP