アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】EXカードパック第2弾「時空を超えた邂逅」配信開始!新カード全10種まとめ【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】EXカードパック第2弾「時空を超えた邂逅」配信開始!新カード全10種まとめ【アルネオ】

『アルテイルNEO』の新EXカードパック「時空を超えた邂逅」が2018年12月27日に配信となった。今回はパック内に含まれている新カード、新シールドを紹介していこう。

目次

▼【新カードの種類は10種類!】
▼【新カード、新シールド紹介】
 【神帝竜『アウグスタ』】
 【影竜帝『ガエターノ』】
 【竜殺し『レツドウ』】
 【鏡の魔女『カテリーナ』】
 【狭間の魔女『プレシピス』】
 【放浪王女『ビアンカ』】
 【猛虎の拳『ルウシュウ』】
 【少女騎士『ミレリア』】
 【願いの槍】
 【魂の拷問器】

 

新カードの種類は10種類!

今回のEXカードパック第2弾『時空を超えた邂逅』では、『戦いの嚆矢』と今回新たに追加された『時空を超えた邂逅』で構成されたカードパックとなっている。

提供割合については有償ベリルと無償ベリルによって異なる。

■有償ベリルの場合
・LR出現時
 99%『時空を超えた邂逅』カード
 
1%『戦いの嚆矢』シールド

・SR出現時
 50%『時空を超えた邂逅』カード
 50%『時空を超えた邂逅』シールド

・R出現時
 99%『時空を超えた邂逅』カード
 
1%『戦いの嚆矢』シールド

 

■無償ベリルの場合
・LR出現時
 50%『時空を超えた邂逅』カード
 
50%『戦いの嚆矢』カード、シールド

・SR出現時
 50%『時空を超えた邂逅』カード、シールド
 50%『戦いの嚆矢』カード、シールド

・R出現時
 50%『時空を超えた邂逅』カード
 
50%『戦いの嚆矢』カード、シールド

無償ベリルで購入の場合は、LRやSRといったレアリティの抽選が行われたあと、さらに1/2の確率で『時空を超えた邂逅』カード、シールド『戦いの嚆矢』カード、シールドがの抽選が行われる。さらにここで『時空を超えた邂逅』カード、シールドに当選したあと、どのカードが当選するかの抽選が行われるので、欲しいカードを手に入れるとなると道のりは長い。

一方、有償ベリルで購入の場合はLRやSRといったレアリティの抽選が行われたあと、99%ないし100%の確率で『時空を超えた邂逅』カード、シールドが手に入る。あとは欲しいカードが否かだけの問題なので、かなりの高確率で欲しいカードが手に入ることになる。手っとり早く新規カードを集めたいなら有償ベリルでの購入をオススメする。

新カード、新シールド紹介

それでは10種の新カード、新シールドをレアリティ順に紹介していこう。

■神帝竜『アウグスタ』

オープンスキル「大竜帝の娘」で相手ユニット1体の攻撃力をそのターン終了時まで0にしたり、スタートスキル「和平の礎」ですべての相手ユニットの攻撃力をそのターン終了時まで10下げたりと、相手の戦力を削ぐのに適したユニット。「和平の礎」はすべての自分ユニットのHPを25%回復する点も強力だ。

アクションスキル「神竜の導き」は相手ユニット2体に自分のリフェス分×10のダメージを与えつつ、クローズ状態の自分ユニット1体を復活できる。速さは遅めで射程があるので、後列に配置して味方をサポートしつつ、盤面を崩していくといいだろう。

 

■影竜帝『ガエターノ』

このユニットの凄いところはクローズスキル「夜の影」で、未アクションでクローズした場合は、無条件でHPを完全に回復することができる。つまり、シールドスキルや速さの高いユニットに先手を取られても、必ず蘇生し行動することができるというとんでもない性能を持っている。

またオートスキル「造り物の夜」すべての相手ユニットに防御を無視して20ダメージを与える。アクション終了のスキルを使われない限り、クローズスキル「夜の影」の効果も手伝って確実に全体ダメージを与えられるのだ。

アクションスキル「影竜の息」を使えば、さらに相手ユニット2体に自分のローティア分×5のダメージを与えられるなど、非常に強力なアタッカーとして活躍できる。

 

■竜殺し『レツドウ』

スタートスキル「熟練の傭兵」は相手のバトルエリアにレベル4以上のユニットがいる場合、自身のHP+攻撃力を10増やし、HPを10回復できる。高レベルのユニットを主軸にしたデッキ相手に効果的だ。

一方、アクションスキル「竜殺し」は竜族の相手ユニットから1体選び、最大HPを0にできる。対象が竜族と限定されてはいるが、ジュッズヴァーや上記で紹介しているガエターノといった強力なユニットを1撃で倒すことができるのは頼もしい。

ランクアップとスタートスキル「熟練の傭兵」の相乗効果で最大HPを一気に80まで上げられるので、状況によってはガエターノの猛攻にも耐えられるのが強みと言える。

 

■鏡の魔女『カテリーナ』

オープンスキル「古代の魔女」は自分のファルカウ値が1以下なら、ファルカウ値を1増やせる。つまり、初手で出せば次ターンで属性値が3になるので初手出しに適しているユニットと言える。

またアクションスキルは「攻撃のルーン」「守護のルーン」の2種。どちらも消費SPが0でファルカウの味方の攻撃力や防御力を上げられる。さらに魔法カード発動回数を1増やせるので、ノゼルビアといった魔法発動回数に影響を受けるユニットとの相性は抜群だ。

 

■狭間の魔女『プレシピス』

相手の行動を阻害することに特化したユニット。スタートスキル「狭間の法則」では相手ユニットから1体選び、攻撃力を20、速さを2減らせる。このユニットの速さが1なので、ほかのユニットがスタートスキルなどで速さにバフを掛けても、そのあとから速さを減らすことができるのが強みだ。

またアクションスキル「幽閉空間」では相手の墓地からカードをランダムに3枚消滅させる。強制徴募を使った不死・霊体デッキなどに猛威を震うスキルと言える。

 

■放浪王女『ビアンカ』

アクションスキル「窮地からの脱却」は自分のSPが0のときに発動できる。防御力を無視して相手ユニットから1体選び、攻撃力+20(通常ならば50)のダメージが与えられる。属性値にSPを消費すればSPを0にすることは簡単なので比較的発動しやすいのも魅力だ。

また、アクションスキル「影に生きる王女」は相手のリフェス値を1減らして、自身にバフをかける。どのデッキでも大抵は入っているであろう光の精霊ヴァイスフォーゲル回復の粉を使用するために1増やしたリフェス値を下げられるのは地味に強力。バトル中に1回しか発動できないスキルなので、使いどころを見極めたいところ。

 

■猛虎の拳『ルウシュウ』

テキストスキル「猛虎の拳」が非常に強力。このユニットが攻撃すると、自分ユニットすべての攻撃力を10増やせる。永続効果なので、ほかのアタッカーのアシスト役としても重宝するだろう。

また、アクションスキル「連続攻撃」は攻撃を2回繰り返すことができる。攻撃を2回繰り返すことで、「猛虎の拳」も2回発動し、結果味方全員の攻撃力を20増やすことができるのは脅威と言える。

攻撃力を増やす対象はとくに制限はないので、ゴウエンデッキのみならず、ゴウエン×リフェスといった複合デッキに組み込んでも面白いのかもしれない。

 

■少女騎士『ミレリア』

オートスキル「騎士を目指す少女」は自身のデッキの魔法カード×5分増やせる。さらに攻撃力が40以上になると魔法カード発動回数を1増やせる。ポイントはデッキ内の魔法カード数を参照して攻撃力を増やすという点。攻撃力は相手も見られるので、それにより相手に魔法カード所持数を公開することになるのはデメリット。

またアクションスクル「幼き剣技」は魔法カード発動回数が2以上ならば発動できるスキルで、相手ユニットからランダムな1体に攻撃力×2分のダメージを与える。使用後は魔法カード発動回数が2減ってしまうのがネックだろう。

どちらも魔法カード数と魔法発動回数によって左右されるスキルなので運用は非常に難しい。

 

■願いの槍

LPが1のシールド。すべての自分ユニットにバフをかけHPを完全回復できるアレグリアの強化版といった内容のシールドだ。低レベルのユニットにはもちろん、高レベルのユニットにも効果があるシールドでもあるので、前半でも後半でもセットしておいて損はないシールドと言える。

 

■魂の拷問器

LP2のシールド。相手のユニットからランダムな3体の最大HPを20減らせる。不死・霊体のように数で押してくるユニットに効果的。

 

今回のカードパック『時空を超えた邂逅』も魅力的なカードが盛りだくさん。なかでも高レアリティのアウグスタガエターノといった強力なカードもあるので、ゲットを目指してガチャを回してみよう!


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP