アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】フェルラート主軸の獣化病デッキで攻める!【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】フェルラート主軸の獣化病デッキで攻める!【アルネオ】

『アルテイルNEO』でフェルラート主軸の獣化病デッキで攻めてみよう! ということで今回は初心者に使いやすいリフェスのデッキ考察。つねにバトルタイムを昼にするフェルラートを主軸に構成されたデッキ解説していこう。

目次

▼【獣化病ユニットの強化】

▼【デッキ構築】
▼【バトルの手順

 

バトルタイムを昼にして獣化病ユニットを強化しよう

フェルラートはオープンスキル「純粋な祈り」やスタートスキル「太陽の守護」でバトルタイムを昼に変更できる。昼にすることで、カードタイプが獣化病のユニットが大きな恩恵を得ることができる。自身のステータスも決して低いものではなく、アタッカーとしても活躍できる攻守バランスの取れたカードと言える。

しかしあくまでこのカードの役割はバトルタイムを昼にすることなので、中列ないし後列に配置してなるべく敵の攻撃を受けないようにしておくのがベター。

今回はそんなフェルラートを主軸にしたデッキを紹介していこう。

実際にデッキを構築してみた

フェルラートは多ければ多いほど頼もしいため、3体を惜しみなくセットしつつ、全体的にレベルの低いユニットでデッキを構築。序盤に盤面を安定させ相手の出方に応じて攻め方を変えていくというスタイルを目指そう。

■SP回復部隊

  

安定の光の精霊(画像左)と回復の粉(画面中)、それにヴァイスフォーゲル(画面右)だ。序盤は属性値を3上げ、エンジェルフェルラートをすぐに配置できる分のSPを溜めておきたい。またシールドスキルも狙いたいところなので、囮となる光の精霊を主軸に配置していくといいだろう。

 

■戦闘部隊

  

エンジェル(画像左)、セラフ(画像中)、エルネート(画像右)の3体をチョイス。なんと言ってもエンジェルが非常に使いやすい。

エンジェルはアクションスキル「歪んだ翼」により任意のユニットを狙い撃ちできるのが強み。消費SPが0なのも嬉しいところだ。また、クローズスキル「死に至れない体」で昼ならばすぐに復活できる。ただし、復活時に最大HPが10減るので、実際は一度しか蘇ることはできない。ただし、カードを消費することなく復活できるのは魅力だ。

セラフはふたつのアクションスキルが強力。「汚染する大気」射程内のすべての敵に30ダメージを与える。HPの低いデッキを主軸にした相手に効果的。一方「剥奪する命」レベル4以下の相手のユニット1体を墓地に送る。消費SPは多いが、HPの高いやっかいなユニットを墓地送りにできるのは強み。

エルネートはスタートスキル「湧き出す泉」太陽王国の味方を攻撃、射程を強化できる。フェルラートに使うことで後続からも攻撃できるようになるのが魅力。また、アクションスキル「願いの泉」はこの攻撃で相手のHPを0にすればSPが2増えるので攻撃とSP回復を兼ね揃えている。

 

■戦闘補助部隊

   

タリア(画像左)、バルティア(画像中)、ラヴェンダ(画像右)の3体。タリアは、スタートスキル「王国の盾」で味方1体の防御を10増やし、オートスキル「忠心の騎士」昼ならば自身以外の味方すべてのHPを15回復と、サポート役に最適。また、HPた防御も高いので盾役としても活躍できる。

一方、バルティアはオートスキル「狂信の断罪」で自身を墓地に送る代わりに、相手のユニット1体を道連れで墓地に送るデュランダルなどの高レベルで手に負えないユニット用に保険でセットしてある。

ラヴェンダやオートスキル「時戻し」クローズしたユニットを復活できる。もっぱらフェルラートがやられてしまったとき用にセットするカードだ。またアクションスキル「時間の奔流」で自分の墓地にあるカードから5枚をランダムでデッキに戻せるのも魅力だ。

 

■魔法

光刃の檻をセット。こちらはリフェス以外のすべてのユニットの射程を0にする効果がある。射程0にすることでほとんどの攻撃を無効化できるのが強みだ。相手がリフェス以外の神族を主軸にデッキを構成しているなら脅威となるカード。

 

■シールド

シールドは左から順に赤い大雷奇跡の光魂断ちの呪い鎌酸の雨同盟条約をセット。奇跡の光は安定してSPを増やせるので、序盤のうちに発動しSPを温存。魂断ちの呪い鎌は自身のユニットも墓地に送ることになるが、相手の未アクションのユニットを墓地に送れる。こちらもデュランダルなどの高レベルで手に負えないユニット用にセットしてみた。

バトルの手順

安定の光の精霊をセット。続けてエンジェルをセットしてひとまずは前衛で活躍してもらおう。次の手をフェルラートにするかエルネートするかは悩みどころ。相手の手札を見て相談したい。エルネートの「願いの泉」で敵を倒せるようなら、こちらを先に配置してSPを増やしていこう。ひとまずこの3体を配置するのが序盤の目標だ。

しばらくはこの3体で戦いつつ光の精霊回復の粉でSPを温存。相手の手数が増えてきてから赤い大雷のシールドスキルを発動させるなりして反撃を極力抑えていこう。エルネートの「湧き出す泉」はフェルラートに使い、中列から攻撃できるようにしておくといいぞ。

また相手が低レベルのカードを複数配置するようなら、早めにセラフをセットして「汚染する大気」でまとめて倒すのもアリ。

エンジェルが復活できなくなる中盤からはタリアを盾にし、中列のフェルラートエルネートセラフ3人で攻めていく。相手がリフェス以外の神族を主軸に戦っているなら、適度に光刃の檻で足止めしながら戦うとなおよい。

基本的にSPは多めに温存しておき、もしものときにはバルティアセットしたり、セラフ「剥奪する命」を発動できるようにしておこう。

いかがだっただろうか。レベル1〜4で構成された小型や中型といったデッキにはめっぽう強いこちらのデッキ。レベル5以上のカードを複数セットしてくる相手には火力不足が否めないところだが、シールドの魂断ちの呪い鎌、やバルティア「狂信の断罪」を使えば戦えないこともない。手持ちのカードと相談して、ぜひこのような太陽王国+獣化病デッキを構築してほしい。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP